MENU

重曹パワーは加齢臭の原因「ノネナール」対策にも有効だった!

ガスコンロや電子レンジの掃除、生ゴミやオムツの消臭など家庭の様々なシーンでマルチに活躍してくれる「重曹」ですが、実は加齢臭の原因物質であるノネナールにも効果を発揮します。

 

そこで今回は、重曹ってなに?という方でも分かりやすいよう解説しながらノネナール対策に生かす方法をご紹介します。

 

重曹とは?

重曹は中性に近いアルカリ性の天然成分で、「研磨」「中和」「軟水化」「消臭」「吸湿」「発泡・膨張」の6つの作用を持つ物質です。

 

例えば研磨は鍋の焦げ落としに、中和は脂汚れの浮き出しに、発泡はホットケーキなどの料理にと活用されています。さらに粒子の大きさによってランク分けされており、粗いものから「工業用」「食用」「調剤用」の3つに分かれています。

 

ノネナール対策では工業用の重曹で十分ですが、よりキメの細かい食用や調剤用でも構いません。

 

安全性の高さも魅力

マルチな用途を持つことも重曹の魅力の一つですが、合わせて口に含んでも害が無い、という点も見逃せません。

 

天然成分なので小さな子供が触れてもトラブルは起こりにくく、万が一舐めてしまっても同様です。

 

粒子の粗い工業用重曹では稀に研磨作用で肌荒れや胃の荒れを感じる人もいるようですが、心配のある場合は食用のものを選べば大丈夫です。

 

ノネナール対策での重曹の使い方

重曹を使ったノネナール対策で最もポピュラーなのは、衣類洗濯に取り入れる方法です。

 

あらかじめ重曹を溶かしておいた水に衣類を30分ほどつけておく方法や、臭いのつきやすい部分を練り状の重曹で揉み出す方法、洗剤と一緒に重曹を混ぜる方法などがポピュラーです。

 

いずれの方法も重曹の中和作用が活躍し、ノネナールやその発生源である皮脂を効果的に取り除いてくれます。またスプレーボトルに重曹水を作っておき、肌や衣類に拭きかけノネナールの発生を抑える方法もあります。

 

お好みで消臭効果を持つアロマオイルなどを合わせる人もいるようです。

 

市販の洗剤や消臭グッズとは異なり、成分が目に見える点が重曹を使ったノネナール対策の一番大きなメリットと言えます。
小さな子供やペットのいる方でも安心して使ってくださいね。